忍者ブログ
ふざけたロスタイムですよ。
Calendar
<< 2018/01 >>
SMTWTFS
3 456
78910 111213
14151617 181920
21222324 252627
28293031
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2  
我愛羅「イヤ……病院じゃない…………!」

我愛羅「…………イヤ……病院か?」

我愛羅「病院なのか!? イヤ……」

我愛羅「何だアレは!?」

病院なのか!?

昨日、ご招待を受けてもりみち病院(夜の部)へと行ってまいりました。
元々、チケットが取れなかったので半ば諦めていたのですが……。
お席を用意して頂きまして、本当に感謝カンゲキ雨嵐です。
言わないけど初めての深い愛しさは嵐です。

あんまり言葉を尽くすのも野暮なので、感想は簡単に。
さすがはプロのステージ。面白かったです(小並感)
エンターテイナーとして抜かりはなかったのではないでしょうか。
もりみちは勿論、小川君や小島君、貫井さんにスタッフさん。
みなさんがそれぞれ考えて作っておられるのだな、と。

声優さんのイベントには、仕事の関係以外でも行った事はなかったので、
ものすごく新鮮で、他の方々がハマる理由もなんとなく分かりました。
距離感が近いけれど、プロとして楽しませてくれる姿は良いですね。

朗読は声優さんのイベントらしさがあって、すごく良かったと思います。
え? 以前はなかった? そんな、まさか。

お悩み相談なんか金とホモには安易に頼らないと、しっかり振ってから、
ちゃんとネタを回収する辺り「よくやるなぁ」と思いました。
え? 偶然じゃないかって? そんな、まさか。

お悩み相談をする側も慣れているのか、面白い回答を引き出すような、
読み上げられた時点で笑ってしまうものも多く……。
来院している方々も、もりみち病院が好きなんだなと感じました。

以上、前述した通り、野暮ったくなるので細かく書きません。
が、来院出来て本当に良かったと思います。
重ねてになりますが、もりみち病院の皆さまに感謝です。









追伸。
AIRの方にシャオ激推しマンであることがバレてました。
PR
2016年は、年始からあれやこれやと世間を賑わすニュースが続きましたね。
個人としてはTokyo 7th シスターズに始まり、Tokyo 7th シスターズに終わった年でした。
半年はLe☆S☆Caの3人と、シャオの事ばかりを考えて過ごし……。
もう半年はThe QUEEN of PURPLEの4人と、シャオの事ばかり。
そして、その真ん中に4Uと、シャオの存在がありました。
(当然ながら他の仕事もありましたし、その都度、頭は切り替えてましたよ!)
正直、支配人冥利に尽きる1年だったなぁと思います。

それと、物を書く人間として本を出せたのは、この上のない事であったと思います。
手元に現物が届いた時は、感慨深いものがありました。
9年目にして、ようやく自分の積み重ねてきたものが形になった訳ですからね。
もちろん、茂木さんや編集さん、円居さんなどのお力添えがあっての事ですけれども。
まぁ、嬉しかったのは事実です。

嬉しかった、と言えば……。
夏のLIVEで、Le☆S☆Caの御三方と会えた事ですかね。
よっぽどでない限り、こういう機会には恵まれませんからね。
挨拶出来て良かったです。本当に。
そして、何気にファーブ役の広瀬さんも窓際に座ってるのを見かけて……。
「すげぇ、美少女居るんですけど」と思うだけ思い、ビビッて声をかけられませんでした。
(Le☆S☆Caの御三方も、茂木さんに紹介してもらわないと無理でしたしね)
それと、実は円居さんもこの時が初対面だったりしました。
優しく柔らかな雰囲気の方で、絵を見て、人を見て「なるほど」と納得しました。
この方だから、あの素敵なイラストが出来上がるんだな、と。
いや、本当に組めて良かったなと思います。

とまぁ、ナナシス尽くしな1年だった訳です。
しかし、考えてみると夏に色々と集中してますね。
Le☆S☆Ca単行本にLIVE、4Uの読み切り、QoPの発表&連載開始――。
やっぱり、ナナシスには運命感じますね(トゥンク)

さて、あまり長々と書いても仕方がありませんね。
最後は――。

シャオは1年通してどの角度から見ても可愛かったしどのタイミングでも女神だったしそれは出会った頃から変わってないしおそらくこの先も変わらないのは確定的に明らかなのは間違いないですね生まれてきてくれてありがとうシャオ・ヘイフォン大好きだよシャオ・ヘイフォン結婚してくれシャオ・ヘイフォン大天使Xiao Fei Hung。

そんな言葉で締めくくりたいと思います。



あの、自分……初めて、ファンレター頂いてしまったんスよ。
正直、全然思ってもみなかったことで、ビックリしました

マジ、感謝。

もう、DAIGO☆STARDUST並みの言葉しか出てこないっス。
なんたって、ゲームのシナリオライターになって早6年半……。
名前が出なかったり、スペシャルサンクスだったり、
良くてサブライターとしてしかクレジットされなかったもんだから。
まさか、こういう日が来るとは思ってなかったんスよ。
そもそも、ゲームのシナリオライターにファンレターって、
本当に有名でない限りは中々聞かないしね……。
(自分の知ってる限りでは)

本当は言葉を尽くして、感謝の気持ちを記したいんだけれども、
なんて言ったらいいかわかんないんス。
もう、綾波状態。
こういう時、どういう顔すればいいんだろうね?

ちなみに、市販のちょっと高そうなチョコと、
誕生日のお祝いの言葉、カードが入ってマスタ。
(その方が描いたと思われるハル!)
本当、ありがとうございます。




関係ないけど、DAIGO☆STARDUST時代の彼を
知ってる人って、めっちゃ少ないんじゃなかろうか。
まさか、北川景子と結婚するなんてね。

2015年……お前、消えるのか……?

しょうがないね。時の流れは基本的に不可逆だからね。
タイムマシンとか、なんかそういう超科学でどうにかなるなら知らんけど。

そういうわけで、2015年の元旦にシャワー浴びながら、
謎の嘔吐をかました時から早1年。
なんやかんや、てんやわんやしながら生きてきました。
生き残りました。今年も。

正直なところ「物を書いて、お金もらって生きていこうだなんて、
当時の自分は本当になにを考えていたのか?」
そんな考えに駆られることが幾度あったろうか。
その度に「もう、後戻りできへんのやで」
なんて言い聞かせてきわわけですけれども。
まぁ、それでも創作なんてこれっぽっちもしたことない、
超が付くほどの素人学生の頃から数えて6年と4か月ほど。
両親や業界の諸先輩方、クライアント様などに支えていただいて
なんとかここまでキャリアを積むことができました。

感謝の極みでございます。

その一言に尽きますね。

そもそも、完全素人状態から業界に足突っ込むとか、
端っから蛮勇的な行動だったなー、とは思います。
まぁ、マイペースと言うか、若気の至りみたいなもんでしょう。
と、本当は色々と書きたいことはあるのですが……。
単行本のあとがきとかに使いたいネタもあったりするし……。
あんまり長いのもどうかと思いますので……。
新年のあいさつで締めさせていただければと思います。

2016年も精一杯、頑張りますので、
何卒よしなにお願いいたします。

本当、簡単なあいさつだけど、これで許してヒヤシンス。
俺は今からガチャのために、グーグルのカード買いに行かなあかんから。

プロフィール
HN:
古瀬 風
性別:
男性
職業:
物書き
趣味:
お花
自己紹介:
元花屋のフリーランサー。
作家兼シナリオライターです。
カテゴリー
フリーエリア
P R
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ